最新動画

Google+にて「A列車で行こう9絶景アルバム」公開中!

マップ関連ツールまとめ

ご注意

この記事に掲載しました各ツールは
ツール作成者様、個人のご厚意で作成されたものです。
A列車で行こう9の開発元であるARTDINK、
および販売元のCyberFrontとは一切関係ありません。
必ず動作するという保証はありません。
また、ゲームのバージョン、パッチの適用状況により
対応方法が異なったり、動作しない場合もあります。
ツールの使用は使用者個人の責任で行なってください。
万が一、ツールを使用したことにより
・ゲームが起動しなくなった。
・セーブデータが消えた。
などの問題が発生しても責任は一切取れません。



概要

下記にツールのダウンロード先と簡単な説明を記載します。
説明には作者様からのコメントを引用している場合がございます。

尚、ツールの使い方については
各ZIP内の添付ファイルで作者様が丁寧に解説されています。
操作がやや難しいツールもあります。
手順を間違えないよう注意しましょう。



A9LandOperationTool(A9LOT)

・ダウンロード
http://1drv.ms/1K9Y7Iu

・ツールのバージョン
ver.1.30 (2015/7/4現在)

・A9対応状況
A9V4 Build2160 (2015/7/18現在)

A9ImportBmp系列と同じく、制約なしに地形を編集するツールです。
マップを作り込んでいく過程で使用するツールです。
例えば、ピンポイントで特定の座標の標高を変えたり、
四辺形の左上、右下の座標を指定し、一括で標高を変えたり、
勾配線路、道路と地面を密着させたり、
などより細かい編集が簡単にできます。

こちらのツールはA9V4発売に合わせて機能強化しており、
地形のコピー機能が付きました。

使い方については、ツールに付属のテキストを参照ください。

A9V4Build2160対応についてはこちら
A9JR東海パック対応についてはこちら



A9MapMaker

・ダウンロード
A9備忘録からダウンロード

・バージョン
v005a (2012/4/20リリース)

・A9対応状況
A9V1

・概要
セーブデータ(a9d)ファイルからサテライトなど画像、CSVを抽出するソフトです。a9dファイルをソフトのウィンドウにドラッグアンドドロップすると、各種ファイルを出力します。
付属のINIファイルで出力するファイル、内容を細かく設定できます。

・出力できるもの
サテライトマップ(大小サイズあり)
線路配置と等高線
カシミール3Dでの読み込み用データ
ダイヤ設定確認用csvファイル
都市情報csvファイル … 木の本数など確認可能



A9ImportBmp

・ダウンロード
A9備忘録からダウンロード

・概要
グレースケールのビットマップ(BMP)画像ファイルをA9のマップコンストラクションで地形として取り込める形式に変換するソフトです。
取込にはメモリエディタを使用するため操作には厳重な注意が必要です。

A列車で行こう9 Version 2.0以降でツールを実行するには
こちらのページを参考にしてください。
Version2.0でのアップロード先のアドレスが記載されています。

・制約事項1 240m超地点について
真っ白(パレット番号:255)およびその周辺の色を使うと、高度が240mを越えてしまいます。240mを越えてレール、道路を敷くことが出来てしまいますが、列車が240m(?)より高くなってしまうとA9が強制終了します。同様に240m以上のレールに列車を配置しようとすると強制終了します。

建物は240m以上に置いても問題なさそうです。

240m超の山の直下にトンネルを掘っても問題なさそうです。

地形編集で240m超の高度を下げることは問題なく出来ます。240m超に高度を上げることは当たり前ですが出来ません。

・制約事項2 まず曲面が段々になる件について(作者様より)
A9の標高データは0~3200段階あり(うち0~799が海面下、800~3200が地上)、これは8ビットグレースケールの256段階では表現しきれないために起こる問題なため解決できませんでした。12ビットのグレースケールが普通に扱えれば問題無かったんですが・・・。

・制約事項3 水面も海岸線も草地(作者様より)
A9の地形データは、前述の標高データと地形種(草地や荒れ地、浜辺、崖等)の2種類あります。
ご指摘の水面下や浜辺等を正しく出力するには整合性の取れた2種類のビットマップデータを準備・読み込みする必要がありこれも煩雑な作業になるためボツとし標高データ1本でいくことにしました。(標高データ800未満の箇所は強制的に水面)



A9ImportBmpEx

・ダウンロード
A9備忘録からダウンロード

・概要
A9ImportBmpの機能拡張版で、現時点では調査のための実験版です。
A9の通常の最高高度は240mですが、このソフトを使うと理論上8191mまで作成することができます。ただし、カメラの最高地点はそれよりもかなり低いため、実質的な意味で最高高度は1000m前後がいいところだと思われます。取り込むBMPファイルはグレースケールではなくカラーとなります。取り込む画像を自作できますが、ごく単純な地形で取り込んだ後で整形したほうが効率的でしょう。

A列車で行こう9 Version 2.0以降でツールを実行するには
こちらのページを参考にしてください。
Version2.0でのアップロード先のアドレスが記載されています。

・制約事項
制約事項2を除き、基本的にA9ImportBmpと同じです。



みかんソフトさんのサイト

・リンク先
みかんソフトのファイル置き場

これらのツールの作成者であるみかんソフトさんのサイトへのリンクです。
Version1.0で40万本以上木を植える方法など
ここで紹介した以外のツールもたくさんあります。




補足

カシミール3Dの記事にツールの作者でおられるみかんソフト様からコメントをいただいていますので、興味のある方はそちらもご覧下さい。



修正履歴
・012/04/30
A9MapMakerを最新バージョン(005a)に修正。
各ツールを当サイトにてUPし直しました。
ダウンロード先URLを変更しています。

・013/2/24
A9ImportBmp,A9ImportBmpExの
Version2.0への対応方法を追記。

・015/7/4
A9LOTを追加。

・015/7/18
A9LOTのA9V4Build2160対応について追記

11 件のコメント:

  1. お世話になっております。
    うまく整理して記事にしていただいて、
    ありがとうございます!
    付属のreadmeよりずっとわかりやすいです(笑)

    最初はこれほど何回も出す予定もなく、
    2chと保管庫様をお借りした訳ですが、
    後から思えばサイト作ってやるべきだったかと
    思ったりしてます。
    また落ち着いたら作ると思います・・・多分(笑)


    ・A21Cのマップ出力について
     A9MapMakerに統合しておりますので、
     こちらをご利用願います。
    ・A9のマップ出力について
     大サイズのマップについては
     現在駅とプロジェクトが出ませんので、
     出るようになった時点で再うpします。

    返信削除
  2. いえー、こちらこそ。
    素晴らしいソフトをありがとうございます。
    補足もどうもです!

    今はブログで大抵のことは出来てしまいますからね。
    気軽に作ってもいいかもしれませんよ!?

    返信削除
  3. そうですね…
    あと少し、解析とプログラムが落ち着いた頃には、
    マイペースでやって行こうかと思います。

    さて、先ほどA9MapMakerをちょっと更新しました。
    主な変更点は・・・
    ・PNG出力化
    ・カシミール3Dのbil,hdrデータ出力
    ・iniで出力ファイルを選択可

    これでwebアップ時に形式変換する必要が
    なくなるのと、不要なファイルが出てくることが
    なくなり若干手間が省けるかと思います。
    またカシミール3Dで地形データを表示できるように
    なりましたので、パレットを自作すれば
    好きな色でマップを表示できます。
    (標高データのみで建物は出ませんが・・・)
    カシバードを使えば鳥瞰図的な表示も可能になりました。
    ただ、思い通りのクオリティのものを出すには
    多少苦労すると思います。

    ・・・駅とプロジェクトのデータが
    意外に面倒な仕様なのでちょっと脇道にそれてみました。

    返信削除
  4. おぉ、PNG対応は有り難い更新です。
    カシミールに逆変換ですか。その発想はなかった…。
    ご苦労様でした。
    こう発売してから2年も経ってこんな話題で賑わえるなんて嬉しい限りです。
    ブログもゲーム日記になっちゃてましたからね(笑)

    返信削除
  5. みかんソフト2012年5月2日 2:25

    お世話になっております。
    A9MapMakerの記事更新お疲れ様です。
    ダウンロード先がわかりにくくなってきたので
    なんとかせねば…
    と思いつつ後回しになってたので今回の記事更新は
    かなり有難いです。
    GoogleDriveも作ってみたもののダウンロードする
    立場からはあまり使い勝手がよろしくなく
    結局tweetせずじまいでした。
    最近あまり時間がなく当分の間は0.0.5aのまま
    でいくと思います。
    次のネタは特にないので、しばらくつまらない
    小ネタで繋ぐ予定です(笑)

    返信削除
  6. こちらこそ~
    バージョンアップお疲れ様でした。
    木の本数が確認できるのは大変ありがたいです。

    GoogleDriveに上がってたのですね…。
    そうとは露知らずでして(^_^;)

    木の本数制限解除の方法もありましたね。
    見た瞬間心がときめいてしまいました(笑)
    木の本数制限解除も近いうちに
    記事にさせていただきますのでお願いします。

    >小ネタで繋ぐ予定です(笑)
    木の本数解除以外にも小ネタがあるんですね?!
    期待せざるを得ません!

    返信削除
  7. いつもブログ拝見させて頂いて大変参考にさせて頂いております。「ぴい」と申します。
    突然のお願いで申し訳ありませんが、ご協力お願いできないでしょうか?
    実は、上記のツール類を使用し、広島市のMAPのBMPファイルを作成し、A9ImportBmpExにてDATファイルまでは作成したのですが、私のPC環境ではどうしてもうさみみハリケーンが正常動作しないのです(><)
    そこで、何とか続きの作業をして頂くわけにはいかないでしょうか?
    どうしてもリアルなMAPで市内を再現してみたいのです(><)
    ファイルはA列車フォーラムさんの
    http://www.project-arc.jp/atrain/forum/dl.php?file=up1365953763_0.zip
    にアップしていますので何とかご協力頂けないでしょうか?
    勝手なお願いなのはじゅうじゅうに承知致しておりますが、
    夢をかなえさせて下さいm(_ _)m

    返信削除
  8. A9MapMaker
    ではV2のデータは読み込めないようですね

    返信削除
  9. 申し訳ありませんでした。
    コメントの追加について確認を怠っておりました。
    いやはや、時間が経ちすぎてはおりますゆえ、
    見ていただける可能性は低いのではありますが、、、。

    動作しない可能性としては、
    セキュリティソフトによる遮断
    ユーザアカウント制御
    が影響しているのではないかと思われます。
    メモリを直接修正するツールですので、
    なかなか扱いにくく厄介なのですよね。

    もしくは、
    最近新しくA9LandOperationToolも同じく
    地形編集できるソフトが有りますので
    そちらを試してみてはいかがでしょうか。
    こちらでdatファイルをA9へ直接反映できます。
    http://www.project-arc.jp/atrain/upload/src/file2593.zip

    また、最近ではA9LandOperationToolの他にも
    新しい動きもありますので、
    まとめ直すつもりでおります。

    A9MapMakerは作者様からV2,V3について
    特に見解がない状態かと見受けられます。
    おしいツールなのですが…。

    返信削除
  10. ここに書くべきではないと思いますが、一応...

    A列車で行こう9 Version 4.00 Build 2522(現時点最新)
    でのうさみみハリケーンの標高データの始点アドレス、終点アドレスを探し当てたので記しときます。

    始点アドレス:0360BBB0
    終点アドレス:096A6860

    間違ってたらごめんなさい。
    あと1:1モードでのものなので通常のものとは違うかもしれません。
    これでA9ImportBmpExを使って地形データを取り込めました。

    返信削除
    返信
    1. ごめんなさい。
      A列車を再起動したらなんかアドレスが変わりました><
      もしかしたらランダムなのかもしれません。
      (Mapwikiにも「…アドレスが起動毎に変化するものもある…」と書いてありました。)
      いちいち見つけないといけないのかなぁ…

      削除