最新動画

Google+にて「A列車で行こう9絶景アルバム」公開中!

A9LOTをJR東海パックに対応させます。

Spats!!に続き、
A9LOTをJR東海パックに対応させます。

最初にぶっちゃけるとやってることは前回と同じですが、
少し丁寧目に書いてみます。

残念ながら、
地形データのアドレスが変わってしまっています。
が、さすがいがもん先生。
すでに対応されていました。

A9LOTの配布先にアクセス。
A9LandOperationTool.exe.configファイルをダウンロードします。

A9を起動し、Helpメニュー内にある、バージョン情報をチェック。
・バージョン
・ビルド番号
・32bit環境か64bit環境か

ダウンロードしたファイルをメモ帳で開きます。
それぞれの環境用に設定情報がズラッと並んでいます。
A9LOTを動かすためには自分のA9のバージョン情報に合致したものを残し、
後は消す必要があります。

ファイルの中に
<!-- v? b???? ?? -->
みたいな記述がありますが、
これがバージョン情報を示しています。
自分のA9のバージョン情報と同じものを探します。

見つけたら、そのすぐ下の
    <add key="ProcessName" value="ATrain9vXg_xXX"/>
    <add key="ProcessMode" value="XX"/>
    <add key="MapOffsetAddress" value="XXXXXXX"/>
(Xには任意の文字が入っています。)
の3行があります。
これが残すべき設定情報です。

これ以外にも、それぞれの環境用に
    <add key="ProcessName" value="ATrain9vXg_xXX"/>
    <add key="ProcessMode" value="XX"/>
    <add key="MapOffsetAddress" value="XXXXXXX"/>
がずらっと並んでいますので、
これを全て消してください。
一緒に
    <!-->
も消して問題ありません。

説明しきれませんので、
例えば、最終的にこんな感じにすればいいのです。

例) 東海パック導入済み、最新のパッチを適用済みの64ビット環境
・バージョン Version 4.00
・ビルド番号 2522
・x64 (64bit環境)



0 件のコメント:

コメントを投稿