最新動画

Google+にて「A列車で行こう9絶景アルバム」公開中!

購入時にかかる総額

A列車で行こう9発売から50日近く経っちゃったんですね。
あっという間です。
今日は購入のときの話をします。

私は発売日に購入しました。

このゲームのネックはソフトも高いのですけど、
動作環境がハイスペック過ぎるんです。

それまで使っていたPCは前々作であるA7が
ほどほどに動く程度の性能でした。

他のゲームは持っていないですし、
photoshop,flashも重いけど動いてました。

さて、そろそろadobe製品を単品から
creative suiteに切り替えようかなと思っていました。

CS5が発売予定だからその頃買い替えればいいかな…
windows7もSP1ぐらい出てるだろう…
とか想定してました。
これの発売発表前までね…

そんなPCの買い替えの予定があったので
予定よりは前倒しになりますが、
金銭的にも精神的にも抵抗なく購入に踏み切れました。
『これは断じてA列車で行こうのための出費ではない!!』
と心に念じて購入。
とは言ったものの、
A列車で以降のためにビデオカードをグレードの高いものにして
(それでも GeForce GTS250 VRAM1GB搭載)
ほぼ推奨環境のPCを購入できました。

このゲームは、
最低環境すらCPUにCore 2 Duoが必要です。
現時点で動作環境に届くPCを持っている人がどれぐらいいるでしょう?

ソフトを買おうと思っても、
PC買換で多額の出費を余儀なくされます。
なんて高い買い物だろう。

買い替え時だって意識があればそれでいいのだけど、
A列車で行こうだけにこれだけ金額をかけられるかって言ったら
正直NOです。
トータルの出費が11万円のゲームソフトなんて…。


それでも、
A8は高かった、やっぱり買わなかった。
A9はもっと高かった、けど買った。
私がとったこの行動の違いは小さいようで、大きいと思うんです。

0 件のコメント:

コメントを投稿